給料日前でお金を借りたくなった経験について

給料日まであと4日程の時に急な出費が必要になった時にお金を借りたいと思いました。
実家の祖父が危篤だと言うので、当時私は都心部で生活しており実家が田舎であったため急に帰省しなければならなくなりました。
新幹線のチケット代や喪服はどうすればいいのかと困ったことがあります。家族全員で動くとお金がそうとうかかるので私だけ帰省することにしました。
帰省するだけでも片道2万円近く必要であり、当時私は恥ずかしいことにそんなにお金を持っていませんでした。銀行の口座にもお金は無くどうしようも無いなと思い誰かからお金を借りたいなと思いました。

往復での新幹線のチケット代だけでもと思い、誰かから借りようと思ったのですが金額が大きいのかなかなか借りることができませんでした。
そこで初めて主婦でも借りれるカードローンを利用しました。銀行に行かなくてもコンビニのATMで即日借りることができたのでとても助かりました。

お金を借りることが出来、それで無事帰省することが出来ました。残念ながら祖父は亡くなってしまいましたが、無理をしてでも最期に祖父に会えてよかったです。

この経験から借金をすることは後ろめたさを感じ、本来ならしたくは無かったのですが急な出費が発生して対応できない時はどうしようもないのでお金を借りたいと思いました。
また、お金を借りている間はちゃんと返済できるようにしないといけないと思い、無駄遣いも減らそうと思いました。お金を真っ先に返したので、給料日に借金を返済した後の次の給料日までの生活が苦しかったです。

宵越しのお金は持たないと言う感覚で使っていたお金を、お金を借りてから誰かからお金を借りることが無いようなにかあった時には対応できるようにと貯金もするようになりました。貯金して何かを買おうと思ってはいませんが、誰かからお金を借りて世話になるのは嫌だという事でコツコツと貯金しています。

続きを読む

学生時代お金に困った出来事

【大学を留年したために大変なめにあった】

自分は、4回生の時卒業論文を提出できずに、一年留年することになりました。

そのために、親からは激しい叱責を受け、大学を止めて働けという全くの正論もいわれましたが、大学の先生や、親とも何度も話し合って、何としてでも頑張って書いていた論文をブラッシュアップして、ゼミの先生に見てほしいのと、就職のためには、大学卒業資格はしたいと説得して、もう一年大学に通うことになりました。

しかし、親会は、学費や就職活動のための移動費などの費用などを一切払わずない、自己責任でなんとかしなさいという条件をだしました。

自分の責任なので、当時私立の大学に通っていたので、年間100万円の授業料と、交通費、就職活動用のもろもろ費用などは全て自己負担になりました。
自分は、自宅からの通学で生活費は抑えれましたが、一番お金がかかる、授業料に関しては、前期・後期の二回にわけて支払うことが可能だったので、前期の50万円に関しては、自分で30万円はだして、残りの20万円に関しては、親から借金をして期限までになんとか支払うことが出来ました。

それからの5回生としての日々は、今までの人生の中で、一番忙しかったです、授業は基本的に、卒業研究以外の単位は獲得していたので、週一回のゼミの時間に、担当の先生と卒業研究についての話し合いだけは毎週行って、あとは、バイトだらけの日々でした。

ベースのバイトは、料金の高い深夜の時間のコンビニ出のレジと、レンタルショップの深夜のバイトを一日交互に行い、週末など、時間の空いている時は、ティッシュ配り、夏休み・冬休みの間は、クロネコヤマトで朝から短期のバイトをしてお金を稼ぎつつ、それに平行して、就職活動と、卒業研究も行っていました。それでも、毎月親から借りたお金の返済と、就職活動の移動費はバカにならないほどかかり、常に、借金状態が続きました。

俗に言う学生ローンを利用してましたね。。※参考サイト:学生ローン(学ロン)でお金を借りる。18、19歳の未成年でも借りれる

就職活動は、夏休み中に終了しましたが、後期の授業料も親から借りて、支払って、卒業研究も無事提出しましたが、最終的に親からの借金を全額返えせたのは、働きはじめてからでした。

【学生時代は買いたいものが多いです。】

学生時代は、買いたいものが多いです。私の場合は、オタクだったので主に買うものはゲーム・漫画・ライトノベルなど多数でした。

今だったら、買いたいものを取捨選択したり、ネットやブックオフなどで安い中古を探せば結構安くなるのですが。私の時代は、そんなものはありません。

だから今ほど、節約が難しい時代でした。だからゲームや漫画・ライトノベルは定価で店で買うか、それとも小さな古本屋や中古ゲームショップで買うかありませんでした。

だから、どんなに頑張っても親からもらうおこずかいではたりません。しかも、オタクだからと言っても友達はいます。そんな友達とファーストフードの店に入ったりするとお金が足りない状態に拍車が掛かりました。幸い、高校になるとアルバイトが許されたのバイトのお金も入りだいぶ楽にはなったのですが、やっぱりお金がない状態がありました。

特に、給料日の前など最悪でした。お昼は、母がお弁当を作ってくれるから食事は心配ないのですが。飲み物や育ち盛りなのでお弁当では足りない分のパンや飲み物のお金は旧呂応日前の時にはほとんどありません。

しょうがないので、飲み物は水や家から持ってきたお茶を飲むことですむのですが、お弁当で足りない分のパンのお金は我慢することでしか解決出来ません。

いつもより少ない食事で過ごしているので、3時くらいには無性に腹が減りお腹が鳴ります、それをお茶や水で空腹を強引に満たすのですが・・。やっぱり、腹は減っているんです。ファーストフードの店の前で何度お金が無くて食べれない物と食べている人を恨めしく見たかわかりません。

ある時、、お金が無くてファーストフード店に入れなくて店の中で食べている人を見ていたら目が合いギョッとされらのを覚えています。その時は、本当に恨めしい目をしていたのでしょう・・。

また、金欠の時の食べ物屋のバイトは地獄です。目の前に、美味しそうな物があるのにたべれない罰ゲームみたいでした。

そんな、お金に困った思い出もあって今はお金を計画的に使い貯める癖がつきました。お金での苦労は、若いうちにした方がいいですきっと、後の人生に役に立ちます。

続きを読む

強制解約

クレジットカードの強制解約とは、カード会員に了承を得ることなくカード会社側の判断でクレジットカードの停止や退会を行うことをいいます。

その為、クレジットカードの強制解約となってしまうと、ある日突然にクレジットカードが使えなくなるのです。また、強制解約になってしまうと、社内ブラックの扱いとなってしまうので、利用しいたカード会社が発行しているクレジットカードの取得ができなくなってしまいます。

クレジットカードの強制解約は、クレジットカードの利用を強制的に終了させられることを意味しているので、利用規約に違反した重大な問題が起こったということになります。

強制解約となった理由にもよるのですが、場合によっては個人信用情報機関に移動情報が記載されて、以降カードを作ろうとしても審査に通らなくなるケースがでてきます。

強制解約になる理由は、各カード会社が定めてある利用規約に違反した際に強制的に会員資格が取り消されることになるのです。
カード会社の利用規約に、さまざまなルールや約束事が書かれていますが、その中でも「支払いの延滞」「不正利用」があると、クレジットカードの強制解約になる可能性が非常に高くなってきます。

クレジットカードの強制解約で1番多いのは、毎月の支払いで遅れや延滞をしているケースですね。

特に、カード会社に連絡がなく、1ヶ月以上の延滞があると、返済する意思がないと判断されるので、クレジットカードの強制解約となる可能性がとても高くなります。また、数日~1週間程度の遅れでもそれが何度も繰り返される状態であれば、クレジットカードの強制退会となる可能性がありますので気を付けてください。

毎月の返済状況は、個人信用情報機関に記録されますので、支払いの遅れや延滞後にクレジットカードの強制解約になると、今後、他のクレジットカードやローンの審査に通らなくなる場合があることを知っておいてください。さらに、3ヶ月以上の延滞は、「異動」として記載されるので、今後のカード利用は絶望的となります。

そのようなことが無いようにわたしはカードの引き落としの時に現金がなくても、お金を借りてでも支払いをするようにしています。こういったところで借りたりしています・・・主婦キャッシング

借金をすることがいいことではないのですが、それでもカードが使えなくなると困ってしまうのでそうするようにしています。

 

続きを読む

キャッシングを利用できる職業

CMなどでよく見かける消費者金融系といった会社は、希望すれば即日融資をしてもらえる場合がよくあります。ノーチェックではなく、この消費者金融系であっても、それぞれの会社の審査については受けてください。

誰にでも審査なしで貸しているところがあれば、それは闇金融だと思って間違いないでしょう。こういうところで借りたら大変なことになりますよ。

普通の方が「審査」という難しそうな単語を聞くと、難しい手続きのように思ってしまうという方がたくさんいらっしゃるかもしれませんね。でも現実には審査のための記録を利用して、キャッシング業者によってが進行してくれます。

この審査に通った人がキャッシングを利用できる人というわけになります。

審査はどのような人が通りやすいかというと、安定した収入があって、過去に信用事故などを起こしてない人となります。この両方に当てはまる人ならば利用できる金額は収入などによって変わってきますが、キャッシングの審査には通っていくらかのお金を借りる事が出来るでしょう。

安定した収入というのは毎月定期的に決まった給料がもらえているかどうか?ってことになりますので、個人事業者のような小さめの会社の経営者よりも、仕事をして給料をもらっている社員の方が審査には通りやすいということになります。

定期的な収入があればいいわけですので、俗にいう夜の商売的な人や、風俗で働いている方でもやとわれて定期的な収入があるわけですので利用できるはずです。風俗嬢の方の場合は、こちらのサイトを参考にしてみてください。
サイト・・・<<風俗嬢キャッシング>>
職業によって借りる事ができる借りれないというわけでは基本的にありません。もちろん法律に認められていない職業はだめですが、風俗のように法律に認められている職業ならば大丈夫なのです。
ご承知のとおりキャッシングの申込するときには、差がないようでも他のところより低金利だとか、利子がいらない無利息期間が利用できるとか、キャッシングごとの特徴っていうのは、キャッシング会社の方針によっててんでばらばらなのです。銀行よりも消費者金融の方が、いろいろな借りる方にえりっととなるサービスのあるところがどちらかといえば多いですね。

かなりの数のキャッシング会社において集客力アップの目的もあって、利息0円の無利息期間サービスを受けられるようにしています。ですから賢く利用すれば融資からの借入期間次第で、わずかとはいえ金利を文字通り1円も支払わずに済むわけです。

キャッシング会社の目立つというか分かりやすいサービスが無利息キャッシングですからね。キャッシング会社は利息によって会社の利益が出ているわけですが、その利息を0円にするというサービスですね。

もちろんずっと利息が0円というわけではなく、一定期間の利息が0円というわけです。

予想していなかったことでお金が足りないときに、救ってくれる即日キャッシングによる融資が可能な会社と言えば、どうしても平日14時までのWeb契約をすることで、問題なく審査が終われば申込当日の即日キャッシングもできることになっている、プロミスで間違いないでしょうね。

無駄のないキャッシングやローンなど融資商品についての情報を得ることによって、必要のない不安な気持ちや、甘い考えが元で起きる面倒なトラブルで害が及ばないように注意してください。何も知らないということで、きっと後悔することになるでしょう。
今の時代、数も種類たくさんのキャッシングローン会社が営業を行っています。一度は見たことがあるCMをやっている消費者金融(アコム、プロミスなど)であればどんな会社かわかっているわけですし、悩むことなく、新規申込みが行えるのでは?一度検討してみてください。

今日までに、滞納したとか破産したなどのトラブルを引き起こしたのであれば、キャッシング申し込みの審査を受けていただいても通過することは許されません。当然なのですが審査においては過去も現在も本人の評価が、優れたものでなければ認められることはないのです。

高額な金利を限界まで払いたくない方は、融資を受けた後の最初の一ヶ月だけは無利息となる、すごい特別融資等をよくやっている、アイフル、プロミスなどが有名な消費者金融会社の即日融資で貸し付けを受けることをおススメさせていただきます。

新規のキャッシング審査では、その人が年間にどのくらい稼ぎがあるのかとか、どれだけ長く勤務しているかなどに重点を置いて審査しています。今回の融資以前に期日までにキャッシングの返済が間に合わなかったといった過去のデータも、どのキャッシング会社であっても記録されていることが珍しくありません。

本人が間違いなく返していけるのかだけは見逃さないように審査して判断が下されます。最後まで滞納せずに返してくれる可能性が十分にあるという融資承認の時だけに最終的に、審査を終えたキャッシング会社は融資を実行してくれます。

現実にはお金が足りないという問題は、どうやら女性にたくさんいらっしゃるようです。出来ればもっと使用しやすい女性だけが利用することができる、うれしい即日キャッシングサービスが次々と登場してくれるといいんじゃないかと思います。

急な出費でキャッシングやカードローンを使って、希望額の貸し付けが決まってお金を貸していただくってことは、これっぽっちも間違いではありません。今ではなんと女の人以外は利用できないちょっと変わったキャッシングサービスも人気ですよ。レディースローンとかって呼ばれるものですね。

続きを読む

消費者金融会社のカードローン

金利が高いに決まってる、という思い込みに縛られることなく、消費者金融をいろいろ比較してみるのも一つの手です。審査結果とか金融商品次第では、思いのほか低金利の条件で借り換えすることができるケースだって時々あります。
各ローン会社の金利についての詳しい情報が、すぐに理解できるように編集されている様々な消費者金融業者についての比較サイトも探してみるといくらでもあります。金利に関することは一番に考えなければならない点なので、冷静に比較することが大切です。
一つ一つ各社のサイトをリサーチしていては、時間が無駄になります。当サイト内の消費者金融会社に関しての一覧を見てみれば、それぞれの会社の比較が簡単にわかります。
最近よく目にする即日融資とは、申し込んだその日にすぐにでもお金を借り入れる事ができるシステムです。初めて消費者金融業者に申し込みをするなら、勿論、金融機関への申込をすることが必須になります。
特に、消費者金融会社での審査に、幾度も不合格にされているのに、次から次へとそこ以外の金融業者にローンを申し込んでしまったら、新たな審査に受かりにくくなるだろうと思われるので、注意した方がいいでしょう。

 

何にも増して重要視すべきことは、消費者金融に関わるたくさんのデータを比較してしっかりと考え、返しきるまでの目途を立てて、返済が可能な限度内の妥当な金額での慎重なキャッシングをすることではないでしょうか。
例外なく全ての消費者金融が高金利というわけではなく、状況次第では銀行で借りるより低金利になります。むしろ無利息である期間が長くなる借り受けであれば、低金利とみなすことができます。
低金利であると負担額も少なくなることになりますが、返済するときに都合のいいところを選択するなど、多くの視点から思い思いに消費者金融の利用に際し、比較した方がいい点があると推察します。
現実に利用した人々からのストレートな感想は、有用で大切にしていくべきものです。消費者金融業者から借り入れをしようと思っているのなら、行動する前にその業者の口コミを読むことを助言したいです。
消費者金融における審査とは、利用者の現在の収入について確認するというより、借りようとしている本人に借金を絶対に返す力量があるかもしくはないかということを審査するというものなのです。

 

金融機関からの借り入れを想定しているなら、むやみにアルバイトの働き口をあちこち変えたりせず落ち着いて働いている方が、消費者金融における融資審査には、良い影響があるのは間違いありません。
審査が甘めの消費者金融をお伝えする比較サイトです。借りることに失敗しても、一蹴されても不安になるのは不必要です。低金利でキャッシングできるところを選んで、効果的にお使いください。
銀行の系統の消費者金融会社は、できるだけ貸し出しOKとなるような各社特有の審査についての基準を有しているので、銀行が扱っているカードローンを退けられた方は、銀行系列の消費者金融に申し込んでみたらいいと思います。
目下の債務件数が4件を超えていたら、もちろん審査を通ることは難しいでしょう。その中でも著名な消費者金融業者などになると一段と審査がきつくなって、落とされる確率が高くなります。
テレビのCMや広告などでなじみのある、伝統がある消費者金融業者各社は、大半が審査が最短即日で、最短だと即日融資にも応じることができます。審査結果までの時間も短い業者の場合、最短で30分前後です。

続きを読む