強制解約

クレジットカードの強制解約とは、カード会員に了承を得ることなくカード会社側の判断でクレジットカードの停止や退会を行うことをいいます。

その為、クレジットカードの強制解約となってしまうと、ある日突然にクレジットカードが使えなくなるのです。また、強制解約になってしまうと、社内ブラックの扱いとなってしまうので、利用しいたカード会社が発行しているクレジットカードの取得ができなくなってしまいます。

クレジットカードの強制解約は、クレジットカードの利用を強制的に終了させられることを意味しているので、利用規約に違反した重大な問題が起こったということになります。

強制解約となった理由にもよるのですが、場合によっては個人信用情報機関に移動情報が記載されて、以降カードを作ろうとしても審査に通らなくなるケースがでてきます。

強制解約になる理由は、各カード会社が定めてある利用規約に違反した際に強制的に会員資格が取り消されることになるのです。
カード会社の利用規約に、さまざまなルールや約束事が書かれていますが、その中でも「支払いの延滞」「不正利用」があると、クレジットカードの強制解約になる可能性が非常に高くなってきます。

クレジットカードの強制解約で1番多いのは、毎月の支払いで遅れや延滞をしているケースですね。

特に、カード会社に連絡がなく、1ヶ月以上の延滞があると、返済する意思がないと判断されるので、クレジットカードの強制解約となる可能性がとても高くなります。また、数日~1週間程度の遅れでもそれが何度も繰り返される状態であれば、クレジットカードの強制退会となる可能性がありますので気を付けてください。

毎月の返済状況は、個人信用情報機関に記録されますので、支払いの遅れや延滞後にクレジットカードの強制解約になると、今後、他のクレジットカードやローンの審査に通らなくなる場合があることを知っておいてください。さらに、3ヶ月以上の延滞は、「異動」として記載されるので、今後のカード利用は絶望的となります。

そのようなことが無いようにわたしはカードの引き落としの時に現金がなくても、お金を借りてでも支払いをするようにしています。こういったところで借りたりしています・・・主婦キャッシング

借金をすることがいいことではないのですが、それでもカードが使えなくなると困ってしまうのでそうするようにしています。

 

続きを読む